FacebookBadge twitterBadge
誰もが持っている未来の可能性

誰もが持っている未来の可能性

“自分自身をどう理解する?”

遺伝子検査を実施することにより、科学的な根拠に基づいた以下の潜在能力を知ることができます。遺伝子検査で、判明した自分自身の潜在能力を元に自分の長所・短所を見極めて、未来の可能性に向けて歩き出しましょう。

遺伝子検査でわかること(6分野41能力)
IQ(学習知能) 記憶力 集中力 理解力  
想像力 思考力 頭の回転の速さ  
EQ(感情知能) 勇気(冒険心) 内向性 執着心 楽観性
探究心 同情心 気質(温厚性) コミュニケーション力
音楽潜在能力 聴覚 音楽センス 記憶力 集中力
チャレンジ精神 執着心 関心の高さ コミュニケーション力
絵画潜在能力 色彩感覚 集中力 美的感覚  
チャレンジ精神 執着心 関心の高さ  
ダンス(リズム)
潜在能力
音楽センス チャレンジ精神 執着心 関心の高さ
コミュニケーション力 持久力 筋力 体力
運動潜在能力 持久力 筋力 体力  
スピード 瞬発力    
遺伝子検査では、左記の6分野41能力の潜在能力を判定する事が可能です。 判定は、優秀・良好・一般的・やや弱いの4段階で出されます。

年齢によって遺伝子自体が変化することはありませんが、人格形成に関わるのは40%弱であり、残りの60%強は育つ環境によって変化すると言われています。
whoever.comとは写真1

“人生はプレゼンの連続”

人は、朝起きて就寝するまでにおよそ5万~6万回の選択(決断)を行っているそうです。例えば、ベットから右足で出るか左足で出るか?先に顔を洗うか歯を磨くか?今日はどの靴で出かけるか?など、意識、無意識は問わず毎日選択(決断)を繰り返しています。選択(決断)の中には、そんな小さなものから、人生の岐路にたった選択(決断)まで様々存在していて、一日一日を快適に生きるため自分自身や他人にプレゼンをして生きている事になります。 では、プレゼンに最も必要な要素はなんでしょうか?その一つは商品をより深く理解する事ではないでしょうか?ここで言う商品とは、つまり、「自分自身」のことで、人生のプレゼンにおいて「自分自身」を理解する事は最も重要な要素の一つ言えます。でも、一言で「自分を理解する」と言われてもいったいどうやって理解を深めていけばいいのでしょうか?「自分自身」に対する知識は、どの学校でも、どんな先生も教えてはくれません。ましてや、両親ですら、「自分自身」に対する知識はそんなに多くもっていないのです。つまり「自分自身」を深く理解するには、自分自身で探求する以外に最適な方法はありません。

whoever.comとは写真2

生まれてから今日までの自分を振り返り記憶を呼び起こしながら、自分の辿ってきた道のりを思い返すのもいいでしょう。様々な資格に挑戦して、自分のスキルを充実させていく事もその一つでしょう。自分を探求する方法は探せばたくさん見つかるかもしれません。しかし、最も根本的な自分自身は遺伝子の中にあるはずです。 遺伝子に刻まれている情報は必ずしも絶対!とは言えませんが、自分自身を構成する要因を知る手がかとしては何者よりも大きな存在になります。夢を実現して、キラキラした人生を送るために、人生のプレゼンには勝たなければなりません。たとえ途中で挫折しても、自分を理解している強みは、立ち上がるプレゼンに勝利するきっかけになるはずです。 gn23.comでは、輝かしい未来の可能性を遺伝子検査によって確定する事ではなく、自分の努力によって勝ち取るための一つのスキルとして「自分自身」をより深く理解するお手伝いをさせて頂きたいとこの事業を展開しています。成功するプレゼンには、成功する要因が必ず存在します。「自分自身」のプレゼンに満足のいく結果がもたらされるよう小さな力になれれば幸いです。